乾燥性敏感肌に必要なビタミンの情報ページ

乾燥性敏感肌に必要なビタミン

乾燥性敏感肌に必要なビタミン

乾燥性敏感肌の方ではビタミンを多く取るというのも大切です。ビタミンB2とB6が摂取不足になると肌荒れの原因につながると言われています。乾燥性敏感肌の方でプラスして肌荒れになるとよりスキンケア化粧品が刺激的になるので低刺激の化粧品を使用するという点を踏まえて、普段からビタミンB2、B6を取るようにするというのが効果的です。

 

またビタミンCも化粧品では多く配合されていますが、食事でも摂取していくというのが効果的です。乾燥性敏感肌の方だと肌の角質が固くなりやすいですが、ビタミンCは角質を柔らかくしてくれます。食事で取り入れることで、同じようにビタミンCはコラーゲンの生成量を増やしてくれますし、抗酸化作用のあるポリフェノールの吸収力がますので、肌のエイジングケアにも向いています。

 

また鉄分や葉酸の吸収率も上がりやすいと言われています。ほうれん草とかは非ヘム鉄なので吸収率が悪いのでビタミンCと同時に摂取するというのが良いと思います。乾燥性敏感肌の方はビタミンCを摂取することも肌にとっては非常に良いことですが、葉酸とポリフェノールも吸収率が上がりやすいので、ポリフェノールは、美肌にも良いので足りていない人は摂取していくとよいでしょう。

乾燥性敏感肌の食事では、ビタミンCを特集したページにも書きましたが、スキンケアだけでなく食事も大切です。食事でも大切な考え方として日本の国土...

脂性でも敏感肌の方がいるように、普段は脂量が多いんだけど、刺激的な化粧品とかではかゆみが出たり、赤みが出たりしやすい敏感肌の方もいるようです...

乾燥性敏感肌だと美容液や保湿クリームにどうしても目がいったしまうことも多いと思いますが、私は結構乳液を使用するし、良いのを使用しようと考えて...

年齢とともに顔にたるみが出てくることは誰もが知っている現実です。特に乾燥性敏感肌の方は毛穴がたるみやすいのもインナー層が乾燥しているという点...

肌質には大きく分けて、皮脂量の多い脂性肌、通常の肌の状態の普通肌、乾燥している乾燥・敏感肌、おでこから鼻にかけてのTゾーンは脂性肌で頬などは...

私は乾燥肌のくせに肌がテカります。またケア方法とか間違っていたということも恥ずかしながらあるので、今現在乾燥性敏感肌になっているという感じで...

おでこや頬、口の周りなどはにきびが出来やすい部分なので、スキンケアを丁寧に行っている方が多いです。首は、他の部分に比べると皮脂の分泌量が少な...

▲乾燥性敏感肌に必要なビタミン 上へ戻る

乾燥性敏感肌に必要なビタミン 先頭へ戻る