添加物が少ない石鹸を選ぶの情報ページ

添加物が少ない石鹸を選ぶ

添加物が少ない石鹸を選ぶ

肌質には大きく分けて、皮脂量の多い脂性肌、通常の肌の状態の普通肌、乾燥している乾燥・敏感肌、おでこから鼻にかけてのTゾーンは脂性肌で頬などは乾燥肌の混合肌があります。

 

乾燥性敏感肌は名前の通り、肌が乾燥状態にあることによって起きる敏感肌です。通常、私たちの肌は肌表層部にあるセラミドという物質によって守られています。ところが、何らかの理由でこのセラミドが低下してしまうと、外部から侵入してくる病原菌や乾燥から肌を守ることができなくなり、ちょっとした刺激でも肌トラブルが起こってしまいます。

 

なのでスキンケアとして基本となる洗顔が大切ですが、絶妙な肌をしているので洗顔石鹸選びとか結構大変であったりすることもあるのではないでしょうか?水分がなくなりやすいのが石鹸で選ぶときのポイントですが、セラミドまで流れてしまうと洗った後乾燥がすごいことになりそうです。

 

セラミドはピークの十代後半から年を重ねる毎に減少していきますので、年をとるほど乾燥性敏感肌になりやすいです。また、誤った洗顔方法をしていると、必要なセラミドも洗い流してしまうという危険性もあります。

 

乾燥性敏感肌になると普通肌では何ともないような刺激や成分でも過敏に反応してしまいますので、肌ケアには気を使わなくてはいけません。化粧品や洗顔料は添加物が少ない低刺激のものを使用しましょう。

乾燥性敏感肌の食事では、ビタミンCを特集したページにも書きましたが、スキンケアだけでなく食事も大切です。食事でも大切な考え方として日本の国土...

脂性でも敏感肌の方がいるように、普段は脂量が多いんだけど、刺激的な化粧品とかではかゆみが出たり、赤みが出たりしやすい敏感肌の方もいるようです...

乾燥性敏感肌だと美容液や保湿クリームにどうしても目がいったしまうことも多いと思いますが、私は結構乳液を使用するし、良いのを使用しようと考えて...

年齢とともに顔にたるみが出てくることは誰もが知っている現実です。特に乾燥性敏感肌の方は毛穴がたるみやすいのもインナー層が乾燥しているという点...

肌質には大きく分けて、皮脂量の多い脂性肌、通常の肌の状態の普通肌、乾燥している乾燥・敏感肌、おでこから鼻にかけてのTゾーンは脂性肌で頬などは...

私は乾燥肌のくせに肌がテカります。またケア方法とか間違っていたということも恥ずかしながらあるので、今現在乾燥性敏感肌になっているという感じで...

おでこや頬、口の周りなどはにきびが出来やすい部分なので、スキンケアを丁寧に行っている方が多いです。首は、他の部分に比べると皮脂の分泌量が少な...

▲添加物が少ない石鹸を選ぶ 上へ戻る

添加物が少ない石鹸を選ぶ 先頭へ戻る